理学療法士 藤井健太

局所的アプローチに加え、症状を生み出した原因(動きや環境)への改善案を提案します。

私の幼き頃の夢はサッカー選手でしたが、小学生の頃、病のため一時運動を制限されることもあり、辛い想いを経験したこともありました。それでもスポーツや運動に関わる仕事を夢見て、理学療法士という道を選びました。

 理学療法による局所介入にて、症状が緩和することを経験してきました。しかし、緩和後、症状が再燃するケースも少なくありません。一時的な改善を認めても、姿勢や運動、生活習慣などが変わらなければ、症状が再燃するケースをよく目にしました。こういった経験から、症状の改善を図る上で、局所的なアプローチに加え、異常な運動は正常へと導き、正常な動きを維持することが大切であると感じています。

 一緒に理想的な運動パターンを獲得しましょう。